任意自動車保険の種類

備える保険

任意の自動車保険はあくまでも任意なので加入するのかしないのかは個人で判断する必要があります。しかし一般的には加入しておいた方が良いとは言われていますよね。任意の自動車保険と一口に言っても様々な種類のものがあります。人にケガをさせた場合に対象となる保険や同乗者への支払いに対象となる保険、車などの物への支払いが対象となる保険などこと細かく分けられています。
他にも単独事故用の保険や自家用車が壊れてしまった時に利用できる保険もあります。またケガの治療費を全額支払ってくれる保険だけではなく、相手が賠償金を支払えない時用の保険まであります。このように任意の自動車保険は全ての保険が一括りにされている訳ではないのです。全ての保険に入る必要はなく、この中から自分が加入すべき保険を選択するのです。何種類か組み合わせて加入するも良し、どれにも加入しないというのも一つの選択肢です。
保険に加入したからと言って何があっても大丈夫という考えを持つのではなく、事故を起こさない、巻き込まれないというのが大前提です。しかしながら自動車を運転するのであれば、万が一に備えて保険に加入しておくことも必要なのではないでしょうか。

サービス内容

自動車保険、自動車に乗るようになったら考えなければいけないものです。しかしこの日本では、まだ約九割しか加入していないというのが実情です。任意の自動車保険に加入していない約一割の方は、強制保険(自賠責保険)のみで、任意保険はいらないと考えられている方や、どれに入ってよいかわからないままズルズルと現在まで未加入となっている方など様々です。任意の自動車保険は保険会社により多少サービスや補償などが違います。では、どこを重要視して選んだら良いのでしょうか。
答えは簡単です。掛け金(保険料)です。一般的な最低限の補償、対人、対物、人身傷害、車両保険、レッカーサービス、これだけあればまず大丈夫ですよね。対人や対物は無制限、できたら人身傷害も無制限、車両保険は単独事故も出るものが望ましいですね。なぜ値段だけで選ぶのかは簡単なことです。自動車保険を扱う代理店、ネットの自動車保険でどこが違うかです。代理店は募集人が提案、ネットは自分で決める、ただこれだけです。
事故のときに駆けつけてくれるのはレッカーの会社であり、代理店が必ず駆けつけてくれるところはほぼ皆無です。駆けつけてくれたところで車はレッカー会社が修理工場へ持っていってくれます。事故処理は警察が、過失割合は保険会社な事故担当がしてくれます。それなのであれば価格に特化して比較して安いところで入っても同じなのです。